九度山町の地蔵寺の天井画「地蔵昇龍」の奉納・開眼法要 / 最寄駅は南海高野線の高野下駅

2018-05-10

九度山町椎出の地蔵寺の地蔵昇龍のイメージ画像

「椎出鬼の舞」で名高い和歌山県九度山町の椎出(しいで)厳島神社別当寺・高野山真言宗・地蔵寺に行ってきました。

今回は、彫板画(ちょうはんが)創始者の田村茂(たむら・しげる)さんと紀州高野組子細工師の池田秀峯(いけだ・しゅうほう)さん作の天井画「地蔵昇龍(じぞうしょうりゅう)」の奉納・開眼法要が営まれました。

九度山町椎出の地蔵寺のイメージ画像1
この「地蔵昇龍」(3.6メートル四方)は、昇龍が珠玉をつかみ、すべての人々を幸せにするお地蔵さまを頭上に乗せて、天上を駆けめぐる情景になっています。
九度山町椎出の地蔵寺のイメージ画像
田村さんが描いた、昇龍のウロコには2000人の善男善女が願文と氏名を書き込まれています。
九度山町椎出の地蔵寺の地蔵昇龍のイメージ画像1
田村さんと協力者が金紙を貼って彩色を施されました。 椎出厳島神社別当寺・高野山真言宗・地蔵寺、塩谷隆光(しおたに・りゅうこう)住職は、高野山出版社でカメラマンをされていて、のちに、総本山金剛峯寺に入られ、昨年の高野山開創1200年記念大法会後、地蔵寺に戻ってこられたと教えていただきました。

とても人情味のある素敵な住職さんですので、一度参詣されてはいかがでしょうか?

※地蔵寺の最寄駅は、南海電鉄高野線の高野下駅

九度山町の地蔵寺の地図(〒648-0141 和歌山県伊都郡九度山町椎出3)